×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

P.b.Q Top | エディターを使ってみよう!
◆講座前の状況
■講師と生徒
©groupAsk
親父
娘さん

■受講後のスキルアップ
・CardWirthエディターを起動できるようになる
・シナリオフォルダと"Summary.wsm"ファイルを作れるようになる
◆エディターを用意する
娘さん
「あ〜ん、CardWirthのシナリオを作りたいけど、どこから手を着ければいいのかさっぱりだわ!」
親父
「なんだなんだ、いきなりどうした」
娘さん
「だから『賢者の選択』や『竜殺しの墓』のようなシナリオを作りたいのよ!どうすればいいのか教えて!」
親父
「『賢者の選択』?」(…それは無理だろ)
娘さん
「…何か言った?」
親父
「いや、何も…。そうだな、『賢者の選択』のようなシナリオの作り方は知らんが、一般的なシナリオの作り方なら教えてやらんこともないぞ。頑張れば『ゴブリンの洞窟』のような作品は必ず作れるようにしてやろう」
娘さん
「『ゴブリンの洞窟』ねえ…。あれくらいだったら私だってすぐに作れると思うけどなあ」
親父
「”あれくらい”ときたか。完全にゴブ洞をなめとるな。いつまでそんなことが言えるやら」
娘さん
「ともかく、最初の一歩がわからないのよね。どうすればいいのかしら」
親父
「ふむ、まずはツールを準備しなければシナリオ制作は始まらんな」
娘さん
「ツール?」
親父
「そうだ。例えば、絵を描くには紙や絵筆や絵の具といったツールがいるだろう?それと同じように、CardWirthのシナリオを作るには基本的なツールとしてCardWirthエディターが必要なんだ
娘さん
「エディターってどうやって手に入れるの?」
親父
「もしかしたらもう入っているかも知れんな。ちょっとお前さんのCardWirthのフォルダの中身を見せてみろ」
娘さん
「は〜い」

©groupAsk

親父
「おっ、入ってるじゃないか。右下に"CardWirthEditor.exe"というのがあるだろう?」
娘さん
「あ、本当だ。もしかして私って天才?」
親父
「運が良かったな。もしCardWirthのフォルダの中にエディターが入ってなかったり、バージョンが1.28でない場合はgroupAsk official fansiteからダウンロードしなければならないぞ。ダウンロード方法はリンク先の案内に従ってくれ」
娘さん
「バージョンって何?」
親父
「うん、まあちょっと複雑な事情があってな。元々CardWirthはgroupAskがGROUP ASK WEBSITEで頒布していたんだが、groupAskが活動停止状態になってからはCardWirth愛護協会が引き継いだんだ。その際、groupAskが頒布していたものより新しいバージョンを頒布するようになった。それがver1.28なんだ」
娘さん
「なんだか難しい話ね」
親父
「最近のユーザーはver1.28を使うのが一般的になっているようだし、シナリオもver1.28で作った方が無難だという話だ」
◆エディターを起動する
娘さん
「エディターは用意できたけど、どうやって使うの?」
親父
「CardWirth本体と同じで、exeファイルをダブルクリックするだけだ。エディターが起動するぞ」

©groupAsk

娘さん
「なんだかアイコンがいっぱい付いているのが出てきたわ」
親父
「これがCardWirthエディターの基本となるツールバーだ。見ての通り、アイコン等を使ったGUI環境だから、視覚的にもわかりやすいようになっている。試しにを押してみろ」
娘さん
「どれどれ」

©groupAsk

親父
「新しいウインドウが出てきたな。"新規シナリオの作成"と上のバーに表示されているだろう?下の方のフォームに作りたいシナリオのタイトルを入れると、シナリオ用のフォルダとファイルが作成される」
娘さん
「んーと、じゃあ『悪徳盗賊の追捕とアイテム奪還の依頼』、っと…」
親父
「なんかどこかで聞いた事があるタイトルだな。元ネタはこれか?」→『悪徳冒険者の追捕とアイテム奪還の依頼』
娘さん
「言っとくけど、内容は全然関係ないわよ。いいタイトルが思いつかなかったの」
親父
「まあ、このシナリオの作者さんにはここの管理人もお世話になっているようだし、後で挨拶に行かせとくよ。で、シナリオ名を入れてOKボタンを押したか?」
娘さん
「うん。押したらまた新しい画面が出てきたわよ」

©groupAsk
画面A
画面B

親父
「ああ、そいつはとりあえず無視だ。エディターのウインドウを全部閉じちまえ。右上の×ボタンを連打だ」
娘さん
「せっかく開いたのに〜」
親父
「CardWirthのフォルダの中に"Scenario"というフォルダがあるから、その中身を見てみろ」


娘さん
「あっ、シナリオフォルダができてるわ!」
親父
「中には"Summary.wsm"というファイルができている。シナリオの基本情報を記録したファイルだから、ある意味これでシナリオは完成だな」
娘さん
「なんだ、シナリオって意外とあっさり作れるのね」
親父
「いやいや。このままではシナリオの中身はからっぽだ。お前さんがやったのはせいぜい白地のキャンバスを立て掛けたくらいさ。このキャンバスにどんな絵を描けるかはこれからの頑張り次第というわけだ」
娘さん
「私、頑張るわ!そして『賢者の選択』のような名作シナリオを作るのよ!」
親父
「…ハードル高いなあ」

[mailto:kurt_godel_1906@infoseek.jp]
Copyright © 2006- Quest all rights reserved.